【人生逆転】Fラン大学生こそプログラミングの習得がマストだと思う

僕は大学受験に失敗していわゆるFラン大に通っていました。
当時の簡単すぎる講義のおかげで時間が余り、そのあまった時間でプログラミング学びはじめ、フロントエンドエンジニアになり、結果的に現在はバックエンドのエンジニアとして働いています。

IT業界(とくにweb業界)は学歴や年齢を問われない業界です。ぼくが前勤めていた会社は、前職がSM嬢だったりホステスだったり、色んな人が居ました。
そんな基本的にスキルさえあれば経歴を問われにくい業界のためFランの学生もプログラミングのスキルがあると人生を逆転できる可能性を秘めています。プログラマーになんか興味は無いという人も習得しておけば仕事に困らなくなるので、学生の方は特に時間のあるうちにプログラミング学ぶ事お勧めします。
そして、特に学生の中でもFラン大の文系学生にプログラミングの学習をおすすめします

Fラン大の文系学生にプログラミング学習を勸める理由

理由は以下のとおりです。

プログラミングを習得しておくと自信がつく

まず言いたいことがプログラミング言語を習得しておくこと自信がつくという事です。
それは、就職先の会社が潰れようが自分はプログラミングで食べていけるという気持ちになり会社への依存心がなくなり。入社した会社がブラックだった場合、すぐに辞める事ができます。また今ではフリーでも仕事を斡旋してくれるサービスもあるので生きていく事が基本的にイージーモードになります。

偏見が入りますが、Fラン大に通う学生は大学受験に失敗したか、そもそも大学受験で戦わなかった人の集まりだと思います。ぼくも受験に失敗してFラン大に通っていたので分かるのですが、自分は特に大学受験で「戦ったけど失敗した人」にプログラミングを学んで欲しいと思っています。受験で挫折して自信を無くした人はプログラミングを習得してどこでも生きていけるという自信をもって欲しいです。

Fラン大に通っている人の中でも受験で戦った結果失敗した人に限っては、勉強する習慣は身についているはずです。プログラミングの学習は英語や数学の勉強とは全く異なるので、全くゼロからのスタートになります。学校の授業が途中でわからなくなった人もいちからやり直せます。そういう人こそプログラミングを習得して今後学歴を気にしないで生きていってほしいです。プログラミングを習得すれば、確実に人生で出来る事が増えます。

Fラン大の学生は時間がある

Fラン大の授業は超簡単です。テストも簡単なので予習復習をしなくても余裕で単位を取れます。それなら、せめて余った時間でプログラミング言語の1つくらい独学で習得しましょう。

就職活動に有利

自分は新卒での就職活動はまったくしなかったのですが、仮にした場合、学生時代に何を頑張ったかと聞かれた時、独学でプログラミングを勉強したと答えると思います。自分で何かサービスをリリースしていたらそれはかなりのアピールポイントとなります。
そして、新卒で就職活動を全くしていなかった自分が今正社員でエンジニアとして働いているのは、学生時代の有り余る時間を利用してプログラミングに触れていたからです。
また、採用する側としても、「Fランの大学生は主体的に学ぶ意欲があるのか?」という懸念が少なからずあると思います。
正直これは偏見でも何でもなく、学ぶ意欲のない学生の割合が多いように思いました。
なので、大学の講義以外でプログラミングを学んでいてそれを就職活動の場でアピールできたら、プログラミングのスキルそのものと、「主体的に学ぶ能力」をアピールすることができるでしょう。

ではどの言語を学べばよいか?

web系の企業では特に出身大学がFランだから不採用という事は無く、どれだけコードが書けるかが採用の基準となります。極端な話、Fラン卒だろうが中卒だろうが優秀なエンジニアは人格すらも肯定されます。なのではじめに学ぶ言語はPHPかRubyをおすすめします。最近Pythonも流行っていますが、仕事の多さと習得のしやすさなどを考えるとRubyかPHPでしょう。

参考:プログラミング言語以外に学ぶ事

実際はプログラミング言語以外にも学ぶ事はいくつもあります。そのうちいくつかを紹介します。

LINUXコマンド

web系の開発の場合LINUXで開発することがほとんどです。そのため、基本的なLINUXコマンドは就職または仕事を受注するまえに習得しておいたほうが良いでしょう。

git

次に習得するのはgitというのはプログラムのバージョンを管理するシステムです。gitを導入することでファイルのバージョンを管理することができます。
ちなみにgitを導入していなかった以前の会社では古いバージョンのファイルは以下のようにリネームしていました。

index.html_old
index.html_old2
index.html_20181223
~index.html
index.html-new
わけわからないですよね?index.html_oldとindex.html_old2ってどっちが古いんだ?とかよくありました。現在のWEB系の企業では大半がgitを導入しているので、就職するにしろフリーで働くにしろ必要なスキルとなります。

データベース

データベースとある特定の条件に当てはまる「データ」を複数集めて、後で使いやすい形に整理した情報のかたまりのことを表します。SQLという言語を使用します。

まとめるとwebプログラマーとして働くには以下のスキルセットが必要ということになります。

PHP・JavaScript(jQuery)・SQL・CSS・HTML・gitコマンド・LINUXコマンド
HTML、CSSはフロントエンドエンジニアを目指すのでなければ、入門書やドットインストールなどで触りだけ把握していればOKです。

まとめます

Fラン大生に対して書きましたが、それは自分がFラン大学に通っていた時「どうせ自分はバカだから」と諦めている人が多く居たように感じたからです。(実際は優秀な人や個性的な人も居ました)

確かにプログラミングは極めようと思ったら簡単ではないですが、web系であれば特に難しい数学の知識も必要としません。せいぜいsin、cosをたまに使うくらいです。
なので、中学か高校かどこかで勉強に躓いた人でもイチからやり直せるのです。小中高のどこかでつまずいた「勉強」をリセットする気持ちでプログラミングのを学習する事を強くおすすめします。

文系卒の未経験がプログラミングを習得してwebエンジニアになる方法

2018.12.19

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です