文系卒の未経験がプログラミングを習得してwebエンジニアになる方法

プログラムを学ぶメリット

現在webの領域に限らずプログラミングを学ぶことが流行っているようです。
自分もいまwebプログラマーとして働いていますが、この仕事を選んでよかったなぁと思うことがしばしばあります。
今プログラミングを学べば、組織に依存しない生き方ができます。仮に現在会社勤めをしていたとしても、その組織に執着をしないで良くなります。個人的にはこれが一番のメリットかと思います。
ほかには、

  • 都心だと特に仕事が大量にある。
  • パソコン一台あればできる仕事なので働く場所を選ばない。
  • フリーランスや正社員など多様な働き方選択することができる。

など、が挙げられますがやはり、生き方に幅ができるのがプログラミングを学ぶ魅力です。

独学でWEBプログラマーになることは可能か?

結論からいえば可能かと思います。

ただし、効率は非常に悪いでので学生やニートなら独学もありといったところでしょうか。30代以降の社会人の方がこれからプログラミングを習得しようと思ったら、独学は高確率で挫折するのでプログラミングのスクールへ通うことをおすすめします。自分の場合も初めは独学で学んでいましたが、最終的にはスクールに通う事を選択しました。そこで勘所をつかんで一気に伸びた気がします。

プログラミングってある程度理解できるようになるまでは、自分で何も作れない状態が続きます。サンプルコードを見ても意味不明なため、単純なタイプミスによるエラーにも気づきにくいです。
ある程度経験を積めば感が働くのですが、初心者のうちはそういう単純ミスを探すのにも時間がかかってしまいます。

また、書籍で学ぶ場合、少なからず誤植が含まれている場合が多々あります。
ソースコード内に誤植があった場合、経験者であれば自分で解決することも可能かもしれませんが、初学者のうちはほんの通りプログラミングを書いてもエラーがでたら混乱するだけかと思います。

しかも、言語によってははじめに開発環境を構築する必要があります。
そこで躓いてしまった場合、スタートする前に挫折してしまう可能性すらあります。
もちろん、いろいろと試行錯誤しつつ解決していく事で得られる知識も重要ですが、それはある程度軌道にのってからのほうが良いかと思います。

動画サイトがおすすめ!

スクールに通うには何十万っていうお金がかかります。そんなときは動画サイトを活用して学ぶ事をおすすめします。
動画サイトにはいくつかありますが自分が役に立ったのはドットインストールです。
初めて触る技術はこのサイトで動画をみて概要を掴んで、それから公式サイトや書籍などで詳細を掴んていくという流れで学習すると効率よく学ぶ事ができます。また動画サイトには書籍のような誤植がないので、動画の通り真似ていけば必ず同じものが出来上がるのも利点です。

プログラミングは才能が必要か??

個人的にはプログラミングに特別な才能は必要ないのですが一定以上のIQがあったほうが理解が早いのは確かだと思います。自分に一定以上のIQがあるのか怪しいですが、、、
でもコツコツ続けていれば普通のエンジニアとして働くくらいのスキルには誰でも到達できます。
多少理解度が悪くでも仕事をする中でいつの間にか理解しています。そしてなんで分からなかったのか不思議に思うくらいに当たり前にプログラムを書くようになっています。

どの言語を学べばよいか?

就職やフリーランスなど仕事をする前提で選ぶならPHPかRuby、Pythonのなかから選べば間違いないです。
中でもPHPを習得すると求人数がおおくて重宝します。PHPとJavaScript、またはRubyとJavaScriptのようにJavaScriptもセットで習得するとよいでしょう。

まとめ

もし自分専用のパソコンとネット環境があるのなら是非プログラミング学ぶ事をおすすめします。
私のように大学受験を失敗したような人がこの記事をみていたら、プログラミングスキルは人生をやり直す可能性を秘めています。高卒、中卒関係ありません。
昨今YouTuberになりたい人が増えているようですが、それよりもまずはプログラミングを習得に時間を費やしたほうがスキルが蓄積される分、リターンは大きいのではないでしょうか。

【人生逆転】Fラン大学生こそプログラミングの習得がマストだと思う

2018.12.23

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です