飲酒の誘惑に負けない!禁酒を続ける為に工夫した事

禁酒



禁酒前は週に5日程お酒を飲んでいたので、禁酒をはじめてから夕方になると無性に飲みたくなる日々が続きました。しかも家の近くには多くの居酒屋があるエリアに住んでいて、飲んでいる時は楽しいけど、一旦禁酒をはじめてからは誘惑の街に変貌しました。それでも最低3週間は一滴も飲まないと決めて、20日目辺りから飲酒欲求が薄まった感じになりました。

今は禁酒を解禁しちゃっていますが、飲むのは週1日程度まで減らせています。

禁酒期間に行っていたこと

毎日禁酒ブログを見る

「禁酒 痩せる」など禁酒をすることによるメリットが書かれているブログをたくさん見ました。
また、肝硬変になった方のブログなどを見て、アルコール依存症は進行性の病で、最終的には死に至るという事実を何度も自分に刷り込ませました。

炭酸水を飲む

炭酸水を飲んだ時の刺激である程度飲酒欲求は抑えられます。
禁酒中、これがなければ乗り越えられなかったって思えるほどほぼ毎日飲んでいました。
ウィルキンソンの炭酸水がお勧め。

空腹の状態で居酒屋に近づかない

ストレスと空腹は禁酒を続ける上での最大の敵です。
僕が住んでいる街は、駅前に1人で入れるような立ち飲み居酒屋が沢山あるので、会社の近くで食事してから電車に乗っていました。

ランニングや筋トレなどの運動をする

飲酒欲求によりストレスがたまった時、運動をすると飲みたい欲求が収まります。
ちなみに運動は禁酒を解禁した今でも続いています。

本を読む

お酒を飲まないと時間が増えるので読書をするようになりました。
禁酒中にお勧めの本は、いろいろなブログで「禁酒セラピー」という本が紹介されていますが、個人的には「スタンフォードの自分を変える教室」も良いと思います。
やらない意志力(この場合は禁酒)をどう鍛えるか、具体的な方法が書かれています。

まとめ

自分はとりあえず3週間でお酒を解禁してしまいましたが、
また週3、週4って増えていくのは目に見えているので、何ヶ月かに一回飲まない月を設けようと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です