休止中と思えば人生に「挫折」なんてそうそう存在しない




そうそう挫折なんてないよ

新しい習慣を取り入れようと思ったり、何か新しい趣味を始めようと思ってみても、なかなかそれが続かないという人は多いと思います。しかしそれを『挫折』と捉えてしまうとちょっと損かなと思います。

そもそも挫折とは。

【挫折】ざせつ
目的をもって続けてきた仕事などが中途でだめになること。くじけ折れること。
wikipedia引用

つまり、また再開する意思がありそれが可能なのであれば、それは挫折とは異なります。例えばブログ運営で3ヶ月続かない人が多いという記事をいたるところで見ますがそれは「再開する気持ち」が無かったのだと思います。
再開さえすれば、はじめの更新が1週間で途絶えていようがそれも無駄にはならない筈です。

色んなものに手を出して沢山休止中がある

自分が今まで色々なものに手を出してきました。
すぐに思いつくだけでもこれだけあります。

DTM
プログラミング
ホームページ作成
ギター
3DCG
イラスト
ブログ
アフィリエイト
写真
この中でもう再開することは無いだろうなっていう3DCG・DTMは挫折したんだと思いますが、それはそれで自分の適性が分かったから良いと思います。
その他のギターやイラストはまたいつか再開したいとぼんやり思っているので自分の中では「休止中」です。
そんな風に色々と手を出していく中でたまたまプログラミングが仕事になった感じです。

いくつか並行してすすめる

人間ですから、モチベーションは高い時もあれば低い時もあります。
常にブログ運営のモチベーションが高い人はそれで良いですが、僕は性格に波があるので無理です。いつかまた更新が滞ってしまう時期もあるかも知れません。そんな時は挫折と思わずに、ちょっと今休憩中くらいに考えておくと本当の意味での挫折をしなくなります。そしてそんな時いくつか物事を並行してすすめると良いと思います。

記事の更新は休憩して、デザインをテコ入れしよう
ブログは休憩して、ジムで体を動かそう

など、異なるジャンルを並行してすすめることでバランスがとれていきます。
そして必ずモチベーションはいつか上がります。

まとめ

本来であればモチベーションを常に高いまま継続するのが理想的だと言えます。
でもいつでも再開する意思というのを片隅に持っておくと多少肩の力を抜く事が出来るようになるかと思いますが如何でしょうか…。
もちろん大学受験入試で失敗して挫折したとか、そういう大きな挫折は今回の記事に当てはまりにくいです。でも新しい習慣を取り入れようと思って失敗した時、それを挫折と捉えないでおくと割とすんなり再挑戦できます。

ではこのへんで。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です