「感謝ノート」をつけてみたら予想以上に効果があった




感謝ノートをつくると良いらしい

ハーバードの人生を変える授業という本を読んでいる最中なのですが、その本の最初の項目に「感謝ノート」を作るという項目があったので実践し始めました。
禁酒をはじめてから、良い習慣がドミノ倒しみたいに連鎖している状況で、今の波に乗ってやろうと思い「一日の出来事でありがとうと思えることをノートに記す」という習慣を加えようとしています。

感謝ノートを作ることの効果

まだ数日ですが、これが思いの外効果があるような気がします。
まだ具体的にどうこう言えるレベルじゃないのですが、もっとポジティブになれそう。

先程紹介した本によると、普段から感謝する人はよく眠れるようになり、よく運動するようになり、身体的な不調までも減っていったとの事なので驚きです。
自分の場合、今まで酒を飲んだ翌日に二日酔いで体が重く自己嫌悪に陥ったりと、自尊心低迷気味のマイナスからのスタートだったのですが、ノートに意識的にポジティブな事を記すことによって、今日一日無駄じゃなかったなって思えるようになりました。
そして、すごく早起きになりました。現にこうして今ブログを書く時間を確保出来ている。

良いことを探すようになる

基本的に良いことを書くノートなので必然的に日中に良いこと探すようになります。

すこしだけ字が綺麗になってきた

普段パソコンのキーボードばかりで、ノートとペンを使って字を書く習慣が無かったのですが、この日記をつけるようになってから、ちょっとだけ字が綺麗になってきました。

まとめ

自分も含め変わりたい!と思っているひとってたくさんいると思います。
そんな時、まずは感謝ノートをつけることからはじめてもいいと思います。

感謝ノートは誰に見せる予定もないので、あとで見返した際すごく恥ずかしいであろう事も書いていますが、もうしばらく続けてみて経過を観察してみようと思います!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です