【書評】「ブログ飯」に学ぶアフィリエイトブログ運営 初心者の心得

開きかけの本



ブログ飯 個性を収入に変える生き方、まだ全部読んだ訳じゃないけどブログ運営初心者の僕がすごくためになりました。

ブログは甘い世界じゃない

ブログで稼ぐことは甘くない。
ブログで稼ぐことを甘く見ていた訳ではないけど、今までの3段くらい上の覚悟が必要だと思い直しました。
小手先の技術は後から学ぶことが出来る。
ブログで飯を食いたいならまずは「思うほど甘い世界じゃない」って事を認識することが大事だと思いました。

ブログ開設一ヶ月はアクセス解析を見ない

自分のアクセスをカウントしないように設定しなおしたら1日10pvにも届かないのが現状の当サイト。泣ける。
アナリティクスのキャプチャ公開したいけどどうやら規約に反するようなので辞めておきます。
そこで、この本では初心者がブログを続ける為のコツとしてブログ開設一ヶ月は「絶対に」アクセス解析は気にしないように勧めてます。

面白いに正解はない

この一文は、開き直る良いきっかけになりました。
おもしろい文章なんて書けないって思うなら、おもしろい文章を書こうと思わない。
この本では「他人の気持ちになって書いてみる」とも書いてありますし、それももちろん大切だと思います。

ただし、他人がどう受け止めるかを気にしすぎて手が止まるようであれば、いっその事「面白いに正解はない」と、
自分が書きたいことをかいて面白いかどうかは読者に委ねれば良いと思います。
面白いか面白くないかは他人が決めることだって、言われてみたら当たり前なんですけどね。

3ヶ月はがむしゃらに書く

完全に精神論です。3ヶ月はがむしゃらに書く。
3ヶ月後にはなにかしら、自分が成長しているからとにかく3ヶ月は書き続けろということです。
これは3ヶ月続けなきゃ分からないことだから、とにかく3ヶ月続けるしか!!
著者は文章力を身につけるのと筋トレは同じようなものと述べていて、ここにはすごく共感できました。
個人的に筋トレとブログ運営頑張れば全ての事柄に応用出来るんじゃないかと思い始めています。ブログ運営成功したければ筋トレしようぜ!って言いたくなる。まだブログ初心者だけど。

小手先の技術についてはほとんど書かれていない

この本はテクニカルなことはほとんど書かれていないです。なので具体的なテクニックが欲しいひとに対する本ではありません。
むしろブログで飯を食いたい人をを啓蒙するような本です。なので、僕にとって最大の壁である「続けること」を突破するために良いカンフル剤になりました。

ブログで稼いだ金はブログに使う

ブログでいくらか収益がでたらそれはブログに回す。決して実のない飲み会なんかで散財してはいけないとかいてありました。
昨日フィリピンパブのキャッチに捕まって散財した身として耳が痛い…。

ブログ運営をやり始めて感じたことは、社会人がブログで収益を上げるには、最後は精神論に行き着く気がしています。
アクセス数は今後増えるだろうか、上手くいくだろうかっていう不安とか、こんな記事だれが読むんだろうとか、このブログ自体にそもそも価値があるんだろう、とか、そいういう不安や葛藤を乗り越えつつ、虎視眈々と記事を更新していく、要はよそ見しない事が大切でそれが一番大変なんだと思います。

僕もまだ勉強中ですが、ブログで飯を食いたい人におすすめします。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です